下肢静脈瘤を予防するには、なってしまったらどうすればいいのか。

下肢静脈瘤は年齢を重ねるにつれ、足のだるさやむくみが発生する症状です。
出産経験者にも症状が見られます。
立ち仕事の多い方や、近親者に患者さんがいる場合には注意が必要です。
下肢の表面に出ている血管は静脈のため、下肢静脈瘤と呼ばれます。
心臓から流れる血液が、足などの末端までいきわたる血管の圧力が減少してくることから起こります。
予防方法としては、毎日の疲れをしっかり取ること、ストレッチやマッサージをすることです。
ただし、強く揉むと血管が破壊されてしまうことがあるので、足先から心臓に向かって、
優しくなでるように触って下さい。
医師に相談せずに、血管を強くマッサージすることは厳禁です。
症状が発生してからの対処法としては、弾性ストッキングや圧力ソックスをはくことや、
外科的治療としてレーザーを当てるなどがあります。
目立つ血管に注射をして、目立たなくさせる方法もあります。
しかし、実際には進行を遅れさせることや現状維持をする方法でしかなく、
完全に静脈瘤を排除することは困難です。
なぜなら数年もたたないうちに再発する例が多くみられるからです。
重度の場合には、ストリッピング手術をすることもありますが、血管を抜いて塞ぐため、
ひきつった感じが残ったり、一定の効果が見られたとしても、ひどい痛みを感じる方がいますし、
再発しないという保証にはなりません。
手術は状態にもりますが、基本的には日帰りで可能ですし、足を酷使するのでなければ、
術後の日常生活や仕事には支障ありません。
病院の診察科は、循環器内科、血管外科で、下肢静脈瘤専門のクリニックを探して相談するのもいいです。
血管が血栓となって、体内の他の場所に移動して、そのせいでその箇所にむくみが生じることもあり、
下肢静脈瘤かどうかの診断には慎重を期すからです。
リンパ浮腫の治療と診断されれば、保険も適用されますし、
医療用のストッキングやソックスを購入することもできますから、効果的な対策をとることができます。
また、この病気には根本的治療方法が確立されていないため、
医師との信頼関係は治療を継続するうえで何よりも大切な要素となってきます。
まずは医師の診断も最初は、
ストッキングやソックスで状況が好転するかどうかを見極めることが多いようですので、
効果があるのかどうかをまず試してみて、その結果手術するのか、
レーザーにするのかなど治療方針について医師とじっくり相談するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*