目を大きくしたいなら目頭切開

知って得する目頭切開のこと

下肢静脈瘤を治すための、さまざまな治療方法や手術方法について

下肢静脈瘤の治療については、軽度の場合は、保存療法や硬化療法があります。
保存療法は、医療用の弾性ストッキングや、硬めの包帯にて下肢に圧力を与えることで、下肢へ血液がたまるのを予防する方法です。下肢の深部にある静脈への血液の流れを助けます。保存療法は、進行防止や現状維持を行うレベルで根本的改善にはなりません。
硬化療法は、静脈の中に注射により硬化剤という薬剤を注入して静脈を閉塞させてしまう方法です。軽度の下肢静脈瘤の場合には有効な治療法です。
しかし、重症の場合は手術等を行う必要がありますが、術法はストリッピング手術、高位結さつ手術、レーザー手術などがあります。
ストリッピング施術は、下肢静脈瘤の標準的な治療で、弁不全を起こしてしまう静脈を引き抜いてしまう手術です。太ももと上部と下部の2か所にメスを入れることにより切開し、問題となる血管の中にワイヤーを通して血管を糸で結び、ワイヤーごと血管を引き抜き、静脈瘤を取り去ります。日帰り手術が可能な場合もありますが、多くの場合は数日の入院が必要となり、退院後も数日の静養が必要になります。術後の痛みは、下肢静脈瘤の手術の中では、比較的痛みを伴う方です。
高位結さつ手術は、弁不全を起こしている静脈を縛ることにより血液の流れを止めてしまう術法です。通常、太ももの上部か、下部の皮膚をメスで切開して、血管をあらわにしてから縛ります。ただし、ストリッピング手術よりも切開する部分が小さいのと、血管を引き抜くようなことをしないため、内出血量も少なく、ほとんどの場合が日帰り手術で対応可能になります。術後すぐに歩行可能になり、シャワーなども1日我慢すれば可能となります。最近では、効果療法と併用されて施行されています。
レーザー手術の方法は、原因となっている血管をレーザーで閉塞させる方法です。ひざの内側あたりに1ミリ程度の皮膚を切開して、ボールペンの心くらいのごく細いカテーテルという管を通します。カテーテルの中にレーザーファイバーを通し、大伏在静脈中からレーザー照射を行うことにより血管を閉塞させます。レーザー照射は一か所2秒程度で、全手術時間も30分程度で終わってしまいます。切開は小さいので、縫合することもなく絆創膏のようなものを貼るだけです。手術直後から歩行可能で入院の必要もなく、他の手術比較しても術後の痛みは一番軽度です。ただし、レーザー手術は保険の適用がされないため治療費が高価になってしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

効果的な下肢静脈瘤の治療 © 2013 Frontier Theme